2011年8月20日土曜日

アオシュン


これ地元の友達です。

「アオシュン」
自転車に乗ると必ずどこかにぶつかります。
小銭とかけっこう床にぶちまけます。
とにかくあんまり運が良くないです。

そんなアオシュンの話

でも、アオシュンの話の前に
うちの地元の話をします。

中学生の頃、
うちの中学には
とても悪い先輩がいました。
「小松」
学校のガラス割る
教師に殴りかかる
バイクで校庭を走り回る
うわさでは少年院にはいったそうで。

あるとき
自分たちが10人一列で
自転車に乗っていた時でした。
先頭が自分、最後尾がアオシュン。

ある家の前を通った時、
庭の縁側で
「小松」がアイスを食べていました。
実家だったようです。
(あ、あの小松がアイスを食べてる。ここ実家なんだ)
と、思いながら通過しました。
するとすこしたつと後方から
「てめえ、みてんじゃねえ」
大きな叫び声が聞こえてきました。

何事かと振り向くと
アオシュンが「小松」に
食べ終わったアイスの棒を投げつけられていました。

あとでみんなに話を聞くと
アオシュン以外のみんな自分と同じく
「小松」がアイスを食べているところを
見ながら通過したそうです。

9人連続で
油断してるところを
みられた「小松」は
最後に通過したアオシュンにキレました。

アオシュンは涙目で
「おれ、見てないのに・・・」

運の悪さがここにも出てしまった
アオシュンの話。

0 コメント: