2011年8月5日金曜日

夏の終わり


小渡にいってきました。
豊田市にある、
もうちょっといったら恵那というところです。

山の中にある、いなかまち
涼しくてにやにやしちゃいます。

そこで「やな」というものをやりました。
アユだかサバだかを捕まえて
たべようという企画でした。


自分自身、
魚の形やヌメヌメやびちびちや目やえらが苦手で
スーパーにいる焼き魚をみても
うっ
となるので、
嫁が笑顔で捕まえてるのを
少しひきながら見ていました。

捕まえられた魚たちは
そのまま焼かれて
おいしくいただかせていただきました。


小渡は風鈴をうりにしてるらしく、
家や店のまえにはたくさんの風鈴。
そのおおもとなのか
風鈴寺というモノがあり
ぶらりと立ち寄る。

お堂の中にはいると
ご自由におくつろぎくださいの張り紙。
お言葉に甘えて
お茶とお茶菓子をいただいて
だらだらとしていました。

コチコチと振り子時計
カナカナカナとひぐらし
チリーンとたまに風鈴
聞こえてくるのはそれだけ。

ああ、夏が終わるなあと、
今年はいい夏でした。


1 コメント:

Nishi さんのコメント...

「やな」いいね!一回は行ってみたい。
暦の上では秋になりましたが、僕らの夏はこれから・・・だと思います。