2011年6月25日土曜日

車載カメラが捉えた0311

今まで一番怖い震災映像でした。凄く考えさせられました。
たぶん同じ状況なら自分も全く同じ行動をしていたと思います。
2011年06月17日 放送NEWS ZERO (NTV)より。

※被災に遭われた方々への気持ちや、著作権の関係で掲載するかどうか凄く迷っていました。
重ね重ね、被災された皆さまをはじめ、その御家族の方々に対し心よりお見舞い申し上げます。
映像の冒頭でもキャスターが言っている様に「津波は他人事ではない」というコトを改めて感じるためにも掲載しました。




あの瞬間、どの様に行動するのがベストなのか?この映像を見ると分からなくなります。
未曾有の大地震とはいえ、直後に営業先に打合せなんて普通に起きる事だし、
逆に先方の会社の安否を気遣いに行けば印象UP!…なんて不謹慎な事を僕なら考えてしまいそうです。
それにまさかココまで津波は来ないだろうと、渋滞中のクルマに乗っていらっしゃた方は全員思ったはず。
いや、逆かな?
これだけの人たちが普通にクルマを動かして、普通に生活している風景が数秒前まで存在していたらたぶん気付かない。気付けないと思います。
手前のクルマに乗っていらっしゃた方が危険を察知してクルマを飛び降りてますが、それが正解だったのか?それともクルマが流されるまで車中にいた撮影者が正解だったのか?もはやこの状況では分かりません。まして、子どもたちが乗っていたらと思うと絶望的です。
突然不運な事が重なってもこの撮影者の様に冷静に判断し、危機を察知し打破できる人間になりたいとつくづく思います。

被害を受けられた皆さまには何卒お体にご留意いただき、一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

2 コメント:

ichi さんのコメント...

なんか静かに津波が押し寄せてくるのが
怖かったです。
自分ならもしかしたら車が浮いた時点で映像に映ってたおじさんみたいに車の上に乗ってどこかに飛び移る機会を狙うかも・・・
そんなに上手くいかないかもしれませんが。

Unknown さんのコメント...

難しい判断を迫られるよねぇ…答えなんて無いんだろうし…。