2011年3月14日月曜日

大震災から学ぶコト。想うコト。

東北地区太平洋沖地震。
皆様は大丈夫でしたでしょうか?
また、皆様のご家族やご親戚、その他のご関係の方々も、被害地やその近辺の方もお見えかと思います。
まだまだ、予断を許さない状況ではありますが、一人でも多くの方が救助され、1日も早く、被害が治まることを祈るばかりです。

私自身この震災で何かを失ったり、また、親戚縁者が東北近辺に居ない身ですから、
今、個人として「震災」に対して出来ることと言うと、募金や震災に見舞われた方々の安否を気遣うぐらいです。

では、「会社として出来ることとは何なのか?」…をこの三日間ぐらい考えていました。

「会社で働く」と言うことはもちろん報酬(給与)をもらうコトが大きな理由の一つだと思います。お金がすべてでは無いでしょうが、それがないと始まらないから当然です。

しかし、
会社とはそもそもなんなのか?を考えたときに、社会が必要としているから自分たちの会社があるのです。
つまり、社会への貢献が無ければ金儲けはできません。
利益はもちろん。給料だって払えません。

個人事業主だったときは自分さえよければ…と思っている節もありました。というか思っていました。
家族ができ、子供も生まれれば、もう少し広い枠内で幸せになれば良いと思っていました。
株式会社になり、社員も増えてくるとその枠内…と、小さな枠内から徐々に大きくなっていきました。

うまく書くことが出来ませんが、自分の会社には「企業理念」がありません。
クライアントや関係する人々に、どのように幸せを伝播していくのか?
社会へどのように貢献していくのか?
…を今更ながら真剣に考えなければいけないと強く思いました。

自分自身がどのように、「この社会」に向き合うのかを真剣に考えていきたいと思いました。

私の考えが、震災に遭われた方々への助けにはまったくなりませんが、社会に対してなんらかの貢献を自分たちがしているんだ!という気持ちを忘れずに、企業理念を考え、会社の方向性をしっかり導いていきたいと思います。

0 コメント: